読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心象風景の窓から

〜広大な言論の世界に、ちょっとの添え物を〜

「皮膚」を脱ぐ為の表現行為 No.1

あらゆる生物には、「皮膚」という臓器があります。この皮膚を通して、生物は、敵味方、必要不必要を識別して、個体を維持しています。特に、人間に関しては、この皮膚という臓器に、様々な意味合いを含意させています。皮膚があって初めて、他の個体に触れる事が出来ます。基本的に皮膚は、個体を保つ為の防御壁なのですが、しかしそれにより、また様々な個体との出逢いを生み出すものとしても、皮膚という臓器は、その意義を持ち得るのです。皮膚とは、またこうした出逢いを円滑にする円滑油の役割をも持ちます。だからこの皮膚という臓器が無い状態、例えば赤く血の流れる肉がさらけ出された箇所には、普通触れようとはしません。なぜならその状態を気味が悪いと感じるからです。

 

それと一緒で、皮膚の無いあやふやな個体に、人間は恐怖を感じたりします。皮膚の無い状態、まさに実態の伴わない存在に、人間は本能的に恐怖を感じてしまうのです。例を出すとすれば、中身のなんだか分からない箱に手を入れるなどの行為もそうです。何か居るのに、それが何かが分からない、そしてこれも代表的と言えるのが、幽霊ですよね。人間は、触れる事が出来て初めてその実態を把握し、物事を了解する事が出来るのです。また、それは逆に言えば、皮膚とは、自分という存在を明示的にする手段でもある訳です。つまりは、皮膚という臓器が、きちんと作用している事が、自分を自分足らしめているという訳なのです。

このように、物事の混乱を起こさないように、人間の身体には皮膚という組織があります。医学的には、皮膚とは体内組織を外界の侵入者から護る為のものです。しかし、また別の観点から観ると、皮膚と一言に言ってもそれ自体には、様々なアイコンが表象されてもいるのです。例えば人間は、皮膚の上にさらに衣服をまといます。不思議ですよね。動物では、まずこのように行動する個体は居ません。では、この衣服とは、一体なんの表象なんでしょうか? そうこれは人間の社会性の発露なのです。

 

人間は群れを作って、これまで種を保存して来ました。人間は基本的に、群れる事でしか、身を守る手段を知りません。だから、このような群れからはぐれる事は、まさしく死を意味していたのです。このような境遇から、人間は、衣服をまとう事を憶えたのかも知れません。しかし単なる体温調整の役割としても語られがちな衣服なのですが、そこには、衣服をまとう事で、それがどういう人物なのか、という身分を釈明する役わりを負っている訳のです。自分は、どういう人物なのか、そう釈明して人間は、関係を繕う事で、社会性というものを発達させて来たのです。

その他にも、人は様々な皮膚の役割りを、色々なもので代役しようとします。それを心理学的にはペルソナといわれ、ある時には、特に社交的な場などではドレスコードなどといわれているものもです。人はよくその場にあったTPOをわきまえろと忠告してきます。人間はその都度、その場その場に似合った衣服に着替えなければなりません。そう、この衣服こそ拡張された形での「皮膚」の表象なのです。そうして皮膚を「まとう」事で、社交などの場がスムーズになります。またその広義の範囲を含めると、この社会でも、それらは広く機能しているものなのです。身にまとう。このような、その場その場に似合った様々な衣服を媒介して関係を作り、人間は社会を構成します。とどのつまり衣服は皮膚と同様な訳です。皮膚をまとう事で肉体が維持できるように、衣服を身にまとう事で、社会生活を円滑にするのです。

また皮膚は、自分と他者との媒介の役割をも意味します。他者と初めて会うなり、人はまず、衣服を見て、その相手が安心できる存在なのかの確証を得ようとします。普通、このような関係への媒介は自己の表出とセットになっています。安心できる相手とは、繋がろうとします。それが自己の表出です。衣服による媒介と自己の表出、これらは運動の原理です。そのように人間は、皮膚という媒介で、相手を感じ、自分というものをスムーズに表出しようとします。そう、すべては相手と円満な関係を築くためという訳です。

これまで見てきたように、人間とは関係を主軸にする動物です。そして人間個人の外縁には社会というものがあります。この社会とは、人間という種が、生存する為のコロニーです。また、その役割をもまた皮膚の表象と言えそうです。そうして、それらの社会的な関係を円滑にかつ安心に行い保つ為に、まず相手に自分は脅威ではないよ、という事をアピールしつつ、社会を形成しています。そしてその相互作用の最中で、徐々に浮き彫りになってくるのが、個性というものなのです。

また例えば、皮膚という臓器が、外界からの侵入者を防ぐ役割りを持つものなのだとすれば、その皮膚に触れる事が出来る存在は、安心出来る個性という事なのです。だから、人間は自分が脅威でない事をアピールする為に、様々な方法で自分を着飾り、相手に安心感を与えようとするのです。日常の生活では、自分なりの安心性を表出する衣服で着飾り、他者と対面します。またそれを象徴するのか、例えば、相手の服装に少しでも奇妙さを感じると、人は嫌疑の眼を向けます。それは、その人が単に用心深いのではなく、そもそも皮膚という臓器の持つ、それが管轄している社会的、医学的な防衛の反応であると考えられる訳です。なので衣服で安心感のある自分を表出してこそ、初めてその人は他者と対面が出来るのです。着る衣服で安心感を演出して、かつその安心感の合意の上で、無数の人と繋がっていく。いうなればそれは、人間という個の保存本能のようなものなのでしょう。